ババアのマンコ舐めてお小遣い貰ってるけど5月の収支

ババアのマンコ舐めてお小遣い貰ってるけど5月の収支

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:20:32 ID:FWm8ph3G0.net
収入+98000
支出-3000

計+95000

74 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:55:40.315 ID:FWm8ph3G0.net

>>67
ありがとね

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:30:38.701 ID:FWm8ph3G0.net

>>15
回数的には15〜20回ほどだっただから若干自粛してた

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:24:07 ID:lOC1ey/70.net

高級コンドームお気に入りみたいだな

103 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:23:44 ID:hO7Juy/h0.net

wjnの記者よりよほどいい文章

95 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:33:40 ID:FWm8ph3G0.net

>>92
物好きっているんだね

68 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:52:01 ID:aFl9d324a.net

えぇ…
30‾40代の人妻相手にした方がいいぞそれなりにお小遣いくれるし

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:36:20.895 ID:NONLZb4yM.net

羨ましい

96 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:33:56 ID:FWm8ph3G0.net

>>94
ありがとうございます

77 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:58:27.063 ID:FWm8ph3G0.net

基本ババアとの連絡って電話だけでラインとか形に残ることはしないようにしてるんだけど
ババア達はライングループ作ってそこで予約の調整自分たちでしてる

今回久しぶりにそのラインの内容見たけど想像以上にババア達が喧々してて怖い

108 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:46:26.482 ID:FWm8ph3G0.net

「手握って」と小さな声で手を伸ばしてきた
両手を絡ませて丁寧に舐めると「ゴメンナサイッ…」と両足をピンとさせて痙攣した
イッた後も舐めると「またイっちゃうからもうダイジョウブデス」と手を離した

「どうでした?」と息を切らした千秋に顔を近づけると両手で顔を持たれてキスをした

「イイデス」
69の体勢になってお互いを舐めあうと千秋の激しい息遣いが俺の性器にあたる

コンドームをベッドの下から取り出すと千秋が付けてくれて「オネガイシマス」とバックの体勢でお尻を突き出す
小ぶりな千秋のお尻を抑えて挿入すると「イイ」と小さく喘ぐ

お尻に強く腰を振り当てるとパンパンと音に合わせて千秋の声が漏れる
「気持ちいいですぅ」「しびれるぅ」といつもより饒舌になる

正常位に体位を変えると汗で千秋の顔が濡れている
指で汗をぬぐってあげるとそのまま指を咥えて唾液を垂らす

その後はお互い喋らずお互いの体を確かめ合って果てた
「んん〜〜〜〜」と声に合わせてキスをすると千秋が体を寄せて抱き合った
ゴム越しに射精をすると「出てるの分かるよ」と指を絡ませた

俺も半ば放心状態でいると千秋がコンドームを外してくれてまだティッシュで拭く前のチンコを口にくわえる
唾液と精液でテカテカの俺の性器を「美味しい」と言いながら綺麗にしてくれた
24時になり汗と体液でびっしょりの体を一緒にシャワーで洗い流した

「寝れるかなぁ」と言っていた千秋だったが布団に入って少しお喋りとするとすぐ寝てしまった

翌朝8時
目を覚ますと「お早うございます」と昨晩の乱れを感じさせないいつも通りの千秋になっていた
「お泊り楽しんでもらえましたか」

「スゴイよく眠れたし久しぶりにすっきりした感じします」

「吐き出せました?」

「うん…ハイ…スゴイ良かったです」と右手を差し出して俺の右手に重ねた
その後はお昼までお喋りして昼飯を食べて千秋を見送った

「また来ます」とうれし気に帰っていく千秋を見て久しぶりの充実感を得た

101 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:08:03.046 ID:DzGtIYJL0.net

官能小説になってて笑う

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:32:37.509 ID:gZp0UbS70.net

どこで出会うの?

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:29:06.139 ID:mb/aMkE20.net

先月いずれかのババアに中田氏してなかったっけ

58 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:47:38.632 ID:buuJ2vwI0.net

ババアじゃないと無理?

107 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:46:04.869 ID:FWm8ph3G0.net

22時前
うっつらうっつらしだす千秋にお風呂を進めて出てくると
上下ピンクでレース生地の下着姿で出てきた

「どうでしょうか」と照れくさそうに聞いてくる

「もっと近くで見せてください」

ててててと近づいてきて「可愛いですか?」

「可愛いですよ」と面と向かって伝える

「いや、なんか面と向かって言われると照れますね」

「可愛いですよ」

「いや、もういいですよありがとうございます」
「なんか火照っちゃって…はい」

「じゃあ僕もシャワーいってくるんで準備しててください」

「あっ…ハイゴユックリ…」

シャワーから出ると部屋の明かりが薄暗くなっていて香水?の匂いがする
ベットに腰掛けた千秋の隣に座ると千秋が顔を俺の胸にうずめる

千秋の首周りからさっき漂った香水の香りが充満している
「これ千秋さんの香水ですか?」

「はい普段つけないんですがこんな場面ですから」

「嬉しいです」といって頭をなでると千秋の舌が俺の乳首優しくを舐めた

「寝ててください」と俺を寝かせるとぺろぺろと乳首から上に向かって舐めてくれる
ブラジャーを取って千秋の乳首と俺の乳首を合わせてすり合わせる

「あっ」と千秋の声が漏れると照れたように「私の方が声出ちゃいますね」と微笑んだ
上から覆いかぶさるように唇を重ねるとするっと千秋の舌が入ってくる

くちゅっと音が口の中から溢れ出る「これからも定期的に泊まりに来てもいいですか」
糸を引いた口を離して目を合わせる

「好きな時に来てくださいね」
千秋を抱きかかえてくるっと千秋を下にして攻守交替

普段大きな声で喘がない千秋だが胸を責めると「あっあっ」と我慢できずに声が出る
パンツを下ろして千秋の性器を優しく舐めると全身をくねらせる

71 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:54:44 ID:XlVApj+T0.net

>>67
そうそうほんとそれ
滅茶苦茶応援してる

115 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/03(水) 00:25:06 ID:/tIw9jpw0.net

主のマメさとプロ意識ほんと感心するんだけど終始ババア呼ばわりでいつも笑う

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:33:56.264 ID:FWm8ph3G0.net

>>26
体調はね非常にいいね
先月がいい休養期間になった

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:22:21 ID:TVh0ECNx0.net

挿入は?

98 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:41:35 ID:FWm8ph3G0.net

サプリメントって本当に効果あんのかね

59 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:47:59.145 ID:XlVApj+T0.net

>>50
そんな悲しい事言わないでくれ
その時は頼んだ

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:29:45.625 ID:FWm8ph3G0.net

>>15
先月も立てたけど収支的には-だった
でも先月は無料キャンペーンしてたからサービス月間だった

57 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:47:33.723 ID:FWm8ph3G0.net

そして翌週の金曜日
「ほら寝ぐせ直して歯磨いてきな」
俺はパンツを引っ張られ無理やり起こされた

体を起こすクローゼットのタンスを開けてバッグに俺の荷物を手際よく詰めてくれている
「ありがとうございます」

「ほらほら早く身支度しちゃいな」
叶恭子に目をやるとブラウンのタートルネックのシャツに黒のレーススカート
お化粧もいつも以上にばっちりで気合の入りを伺えた

「恭子さん今日も綺麗ですね」

「あら分かる?」ニコッと笑いスカートをひらひらとさせる
「今日の設定は結婚記念日だから」

まだ寝ぼけていてふ〜んと流してしまったが叶恭子は上機嫌で荷物をまとめる

俺もささっと身支度を整えると叶恭子も準備を終えてお茶を飲んでいた
「準備OK?なら行こうよ」
急かせれるように家を出て車に乗り込んだ

「運転よろしくね〜」ふんふ〜んと鼻歌交じりで車のカギを渡される
ナビに目的地を入れると時間にして4時間の道のり

「いざ鎌倉」

「えっ鎌倉なんですか」

「いや長野だけど」

60 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:48:10.320 ID:FWm8ph3G0.net

午前9時
ご機嫌な叶恭子をのせて長野に向かった

高速に乗って2時間軽井沢に到着
「買い物してご飯食べよう」叶恭子にいわれアウトレットに

インター降りるときにも思ったが想像以上に人がいて自分もだが危機感ってないもんだなぁと
「はいマスクマスク」と叶恭子に渡され車を降りる
叶恭子は肩掛けのバックを身に着けるとさっと手を伸ばして握ってきた

「迷子になっちゃうよ」とギュッと握る
朝「今日の設定は結婚記念日だから」と言っていた事を思い出した

「あぁ朝のあれってそういう事ですか」

「何朝のって」

「結婚記念日ってやつ」

「今更?」
「今週いっぱい○○は私の旦那なんだからそういう事だから」

「あぁ〜」

「あぁ〜…じゃなくて?」

「はい」

「上出来」

特にその後そういう会話をしたわけではないが終始手を握りながら人込みを練り歩いて
ベルトとかシャツを買ってもらった
「うんうん」と試着を俺にさせて楽しそうにしていたのでまぁいいかと自分を納得させた

ただこれ完全にヒモじゃんとは思った

79 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:04:00 ID:FWm8ph3G0.net

以前始祖ババアとの出会いの始祖黎明編書いてって言われたけど
細かく覚えてないからどうしても創作入って書いてて面白くない

そう考えるとなろうのファンタジーってよく書けるなと思う

16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:26:15 ID:zjgEaRJSr.net

またお前か
ババァ1人こっちに回して

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:23:00 ID:FWm8ph3G0.net

>>5
挿入もするよ

2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:21:38 ID:oKQmg0WR0.net

ババア何歳

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:37:48.093 ID:FWm8ph3G0.net

今思い出したけどババアから貰えてないお小遣いあるから
実際には1万くらい収支上がるわ

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:22:39 ID:FWm8ph3G0.net

体調はいい

66 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:51:24 ID:FWm8ph3G0.net

>>53
ババアに需要ある内に辞めるなんてそれも贅沢かなぁって

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:24:18 ID:FWm8ph3G0.net

前は前戯だけして終わりってことも結構あったんだけど
最近は全部しないと終われないってことが多い

俺の腕が落ちたのかもしれない

85 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:08:35 ID:FWm8ph3G0.net

長文連投できて楽だわ

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:35:12.039 ID:mb/aMkE20.net

もしかしてコロナウィルスのワクチンって>>1の口内から発見されるのでは

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:41:25.536 ID:dvslmbCm0.net

先月か先々月か忘れたがやばそうだったのによく戻したな

55 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:47:10.436 ID:FWm8ph3G0.net

ここで一つ疑問がわいた
「これ金土日って金曜日平日なんですけど」

「だから有休取りなさいよ」
「4月までに後2日取れって会社に言われてるんでしょ?」
「ちょうどいいじゃない」

「強引〜」

「だから全部決めてあげるって言ったでしょ」
「お金も全部出してあげるから」
「黙ってついてこい」

「ヤダ男らしい」

「忘れられない旅行にしてやるよ」

「そこまで言ってくれるなら付いていきますよ」

「じゃあ来週あけといてね〜」と颯爽と去っていった

100 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:49:35 ID:dwH0mrlR0.net

>>99
やめたらわかるよ
どれも失って気付くものだよ

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:40:39.289 ID:FWm8ph3G0.net

>>41
今いるババアって全員顔見知りだから同時にお相手することは無い
ババアにババア紹介されて会うから

76 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:56:12.973 ID:FWm8ph3G0.net

>>68
そういう女の人はお相手いるだろうし俺じゃ無理だよ

106 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:45:34.303 ID:FWm8ph3G0.net

ピザが届くまでの短い間も千秋のお喋りは止まらない

千秋にビールを勧めると「あんまり飲めないので少しだけ」といいながらサクッと1缶飲み干した
ピザが届くとピザは数切れでビールビールワインビールと俺の倍飲んだ

俺はワイン好きじゃないので中途半端に開けたやつは後日神田うの似のババアに上げた

ピザも食べて一息入れようと換気のために立とうとすると千秋が抱き着いてきた
「どこ行くんですか〜」

「窓開けに行くんですよ部屋中ピザ臭でしょ」

「○○さんの香りで一杯ですよ〜」

出来上がってんなぁ〜と思いつつババアの酔った時の対応は慣れているので「はいはい」と流す
「まだ飲みますか?」

「大丈夫です〜飲みすぎちゃってます私」
「ごめんなさ〜い」

「じゃあ食休みしててください僕洗い物してきますから」
足にしがみつく千秋を解いて台所に向かうと「私も手伝います」と千秋もついてくる

「狭いから大丈夫です」というが「じゃあ近くにいてもいいですか」服の袖をつまんだまま
洗い物が終わるまで隣にいた

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:32:04.383 ID:FWm8ph3G0.net

>>21
やっと真の意味で打ち解けてきたから無理
今月はお泊りまでしてくれたし

80 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:05:13 ID:FWm8ph3G0.net

>>78
それもどっかで判断しないといけないんだけどね
いっそうの似のババアに見限られて捨てられると楽だなぁと思ってる
卑怯だけどね

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:44:12.699 ID:FWm8ph3G0.net

因みにさっきまで居たのはあき竹城似のババア
サクランボ買ってきてくれた

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:38:31.996 ID:s4mhabg5M.net

>>39
これって2人以上同時に相手することあんの

64 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:49:39 ID:FWm8ph3G0.net

「今日いつもより積極的じゃないですか」

「なんか爆発してる感じ」
「発情期的な?」とけたけた笑ってみせた

「いつ温泉入れるやら」

「この後一緒に入ろうね」
「体洗ってあげるから」

ゆっくりと腰を動かしてお互いの感触を確かめあいながら愛し合う
「出してもいいですか」

「中に出しちゃってもいいよ」

「ゴムしてるから大丈夫です」

「○○の赤ちゃん産んであげるよ」
叶恭子は自分で言っておいてなぜか照れていた

そのままスローセックスで射精すると先っぽがパンパンになったコンドームを満足そうに見ていた

するとするするっと叶恭子がすり寄ってきて
顔をペロペロ舐めだす

「どうしたんですか」

「私なりのお礼」んふふ〜と笑いながらティッシュにコンドームを包んで捨てた
「かわいい旦那さん」「いっそのこと食べちゃいたいね」と顔に胸を押し付けるように抱かれた

「じゃあお風呂いこっか」
仕切り直すように全身裸の叶恭子が言う

今回泊まった旅館は大浴場の他に大きい内風呂が付いている
俺は大浴場に行く気満々だったのに叶恭子は内風呂でイチャイチャしたかったらしい

「何?私と同じ風呂に入れないってか」
強引に連れてかれ「ここでもしてみよっか」とまた誘われたが
回復していないんでと濁して事なきを得た

久しぶりに叶恭子のすっぴんを見たが以前整形しているだけあってパーツパーツが整っていて
厚化粧している意味が分からなかった

次回に続く

56 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 21:47:25.857 ID:cTa6pEU70.net

これがママ活ってやつか……

105 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 23:44:57.186 ID:FWm8ph3G0.net

千秋似のババア初めてのお泊り
間違えて消しちゃったと思ってたらクラウドの方に残ってた

5月某日
17時チャイムが鳴って玄関を開けると大きめのバッグを持った千秋似のババアが(以下千秋)
「お邪魔します」明るい声だが少し緊張している様子

「ど〜ぞ〜」
部屋に招き入れると隅っこの方に荷物を置いて俺の顔をジーっと見る
「どうしました?」

「いや、なんか緊張しちゃって」と手をもじもじしながらはにかむ
俺は千秋の隣にドカッと座って両手を握った

「今日は時間気にしないでお喋りしてゆっくりしていってくださいね」

「いや、なんかそんなこと言われたことないから何と言っていいか」
「なんかもうありがとうございます」
「結婚してから男の人の家に泊まるのって初めてで」
声はまだ少し緊張している様子だったが握った指をほどいて絡ませてきた

「このまま握っててもらってもいいですか」

「いいですよ気の済むまでずっと」顔を近づけると千秋が目を閉じて唇を合わせる
千秋の薄い唇の形が伝わってきて握った手の力が強まる

口を離すと目を潤ませながら「うん」と少し頷きながら「ありがとう」とお礼を言った
その後緊張のほぐれた千秋のお話を聞いていたが右手だけは終始握ったまま

1時間以上お喋りをしているとハッとなって千秋が「もうこんな時間ですね」
「ごはんどうしましょうか?」

「千秋さんが普段食べないものにしましょう」

「例えば?」

「う〜ん夜にピザとか?」
「お酒も飲んじゃって」
「仕事でワイン貰ったんでそれも開けてパーティしましょう」

「えぇ〜ピザも久しぶりです」若い女性みたいに声高くなる
じゃあという事でピザーラでジャンクピザを頼みちょっと本格的な店のピザをそれぞれデリバリーしてもらう事に

86 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:11:19 ID:buuJ2vwI0.net

恋愛感情は少なからずあるの?

94 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:30:05.477 ID:LQwiY2q+0.net

毎月楽しみにしてるよ

83 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/06/02(火) 22:07:35 ID:FWm8ph3G0.net

俺は部屋着に着替えようとズボンを脱ぐと「やだも〜もう準備万端?」とタバコから戻ってきた

「なにパチンコの負けのうっ憤私で済ますつもり〜?」とのりのりで叶恭子も脱ぎだした
「やだやだ男の性のはけ口になるなんて」上下黒の下着姿になりエアコンの温度を上げる
「やりたければいいわよ好きにしなさいよね」とベッドに横になり手招きをする
仰向けになった叶恭子に覆いかぶさるように上になりキスをする

俺の首の後ろまで腕を伸ばして抱き寄せるように腕を組んで体を密着させお互いの唾液を味わう
この瞬間だけは周りの音が遮断され吐息とお互いの鼓動しか感じない
糸を引きながら口を離すと「もう一回」と叶恭子がねだる
叶恭子の舌が俺の口の中を舐めまわし無言のまま会話を続ける

口の中の唾液を全て飲んでもらい口を離すと「美味し」と笑う
「タバコ味」と言うと「それが私の味」と俺の舌を引っ張る

部屋も暖かくなるとお互い下着も脱いで性器を見せ合う
立ったままチンコを叶恭子のお腹に擦ると膝をついて口に含む
優しく包むように口に咥えると上目でこちらの様子を伺う
「気持ちいいですよ」と言うと少し笑って根元まで飲み込む
むせながら口を離すと粘度の濃い唾液が糸を引く

根元まで咥える度に軽い嗚咽と共に涙目の叶恭子が上目づかいでこちらを見る
叶恭子の頭を押さえて奥まで突っ込むとんーんーと苦しそうに抵抗をする
どろどろの唾液まみれのチンコを抜くと少しうれしそうに「何してんのよ」と太ももを叩く

俺も膝をついて叶恭子の口周りに垂れた唾液をふき取るように舐め取ると
「でも嫌いじゃないかも」と自分の指で喉元まで突っ込み嗚咽して見せた
「交代」とベッドに腰かけ大股を広げる

少し濃い目の毛をかき分け舌を持っていくと「あぁん」と腰が揺れた
「最近処理怠ってたから舐めにくいかな」

優しく全体を舐めていくと叶恭子のお喋りが止まり息遣いだけになる
「もっと強く吸って」と俺の頭を両手で押さえつけた
ヒダが取れるくらい吸うと「そのままぁ〜」と声が高くなり押さえる力も強くなる
「イクッ」と小声が聞こえるとピュッと恭子の体液が下あごに当たり
叶恭子が俺の頭を押さえながらうずくまる様に果てた
「ふ〜」と仰向けに倒れ俺が顔を覗くと「さっきのお返し」と喉元を見せるように口を開けた

両頬が赤くなって少し汗ばんだ顔にぷっくりとしてピンク色の唇が映える
「恭子さん綺麗ですよ」と頬を撫でながら伝えると「今それ言うとか卑怯だよね」笑いながら起き上がった

ニュー速VIPカテゴリの最新記事