【ν速哲学部】理解できなければ表現できない「明瞭性のパラドックス」とは?

【ν速哲学部】理解できなければ表現できない「明瞭性のパラドックス」とは?

1 ::2020/10/05(月) 06:56:57.91 ID:ClqJLj8X0●.net ?PLT(27000)

理解できなければ表現できない「明瞭性のパラドックス」とは!? 哲学者を悩ませる超重要命題、“落とし穴”からの抜け出し方を解説!

■理解できなければ表現できない「明瞭性のパラドックス」とは

 19世紀の大思想家、フリードリヒ・ニーチェは著書『善悪の彼岸』の中で、頭の中に浮かんだアイデアを言葉で表現するのがいかに難しいかについて言及している。頭に浮かんだ素晴らしい着想や洞察を、言葉に記した途端に陳腐で残念な表現になってしまうことを嘆いているのだ。
「私は途中でこの洞察を得て、すぐに飛び去らないように、とりあえず最も手近な貧弱な言葉をすぐにつかんでそれを記録しました。そして今、これらの乾燥した言葉は揺れて羽ばたき、死にました。なぜなら、これらの言葉を見た時にはもう、私がこの洞察を得た時の幸せを感じることはないからです」(ニーチェ)

 目の前に広がる光景を正確に言葉で説明しようとするならば、当然だがその光景を細かいところまでよく観察して把握しなければならない。

 しかしこれが光景ではなく、今自分の中に浮かんでいる考えや、いま胸にこみ上げてきている感情だった場合はどうすればよいのだろうか。当然ながらそのアイデアや感情をまずよく理解することが求められてくるのだが、これは光景とは違って直接観察できるものではない。

「〜のような」や「〜に似ている」などの表現方法で曖昧に説明することはできるかもしれないが、正確かつ明瞭に説明するにはすなわち、アイデアや感情を正確かつ明確に理解しなければならない。しかし直接観察できないものをどうやって正確に理解できるのだろうか。

しかしソースはトカナ
https://tocana.jp/2020/10/post_172997_entry.html

65 ::2020/10/05(月) 21:10:28.97 ID:jAMOAuHr0.net

いわゆる、“言葉にすれば嘘になる”
でも、誠に真理であるならば
言語のイメージに左右されることはないはず。
真理とは自然摂理に不然のもので
言語文化に依存するものではない。
と思う。

40 ::2020/10/05(月) 08:54:58.32 ID:JtmfFgmo0.net

凡人あるあるやん

23 ::2020/10/05(月) 07:46:20.61 ID:AgicuwMz0.net

>>18
これをスーパーマンと訳すのがアメリカらしい…

やっぱ、歴史上誰も明瞭に超人を表現した人はいないね
ニーチェ本人も
「伝わるかな〜、伝わんねぇ〜だろうな〜」
だと思うが…

66 ::2020/10/05(月) 21:22:43.12 ID:Z9jcyEti0.net

それを理解したもののみがそれを説明することができる
故に誰もそれを説明することができない

57 ::2020/10/05(月) 13:21:00.31 ID:iUM98vT30.net

>>52
ポストモダンとか相対主義者は昔から居るけど。
ところで今はマルクス•ガブリエルなんかで哲学復興してるんじゃないの?

14 ::2020/10/05(月) 07:16:22.26 ID:X8CFxx240.net

ムチムチ

9 ::2020/10/05(月) 07:11:18.78 ID:gD3EJ57y0.net

料理の美味さを言葉で表現して見せろ的な!

38 ::2020/10/05(月) 08:52:11.61 ID:11C4N/ex0.net

この人は誠実すぎてカントから決して逸脱しないよね

34 ::2020/10/05(月) 08:24:14.81 ID:185AwxGY0.net

だからパワポに絵がつかえんだろバカ

18 ::2020/10/05(月) 07:29:31.81 ID:EHP4EF220.net

>>3
ニーチェの言うそれならObermensch(精神的階程が「上の人」)じゃなかったか?

2 ::2020/10/05(月) 06:57:41.19 ID:BsUB2zDp0.net

とかなかな

63 ::2020/10/05(月) 14:26:04.85 ID:nCBGLf7Y0.net

>>3
多分ニーチェが想定したのは上人って言葉だよ
仏教の高僧の称号
ニーチェは仏教の影響受けてるから

er(上)mensch(人)

67 ::2020/10/05(月) 23:59:51.62 ID:/LmzNDNh0.net

この答えは簡単

・言葉自体が物事を簡潔に説明する為に単純化されているから
・言葉(単語)が多種多様な意味を含んでいるのは
 似た事象をまとめて複雑化を避け単純化した痕跡
・微細で複雑なイメージを余さず伝える為には
 単純化した記号で伝えるのは不可能
・物事を文字や言葉でしか考え(られ)ない人は
 大概バカであり、無駄な論をこねくり回すが
 真実や核心に至ることは稀

19 ::2020/10/05(月) 07:30:23.89 ID:iXJ1b9UJ0.net

これは夢の記録に近い感覚だが
しかし論理の道筋の閃きなら
どれほど細くて朧気でも失うことはないだろ

哲学者よりも科学者の方が人間として数段優れてると思うね

30 ::2020/10/05(月) 08:15:12.30 ID:hQ3+sF3n0.net

うんこ出し入れする所に突っ込むて普通しないだろ

6 ::2020/10/05(月) 07:05:18.27 ID:5RdPgmtt0.net

とかなんとか言っちゃて

22 ::2020/10/05(月) 07:40:59.25 ID:kvrhdV0/0.net

すごく面白い夢を見ても書き出したり説明したら大したことないのも同じだな

37 ::2020/10/05(月) 08:50:21.58 ID:fTZI8cq10.net


こういうこと?

48 ::2020/10/05(月) 11:25:15.37 ID:i7/v0/wZ0.net

哲学者って毎日何考えて生きてるんだろう

16 ::2020/10/05(月) 07:17:59.70 ID:0ZzFYWBl0.net

考えるなら感じるんだ

27 ::2020/10/05(月) 07:56:22.01 ID:QfkgrGs70.net

E=mc^2

20 ::2020/10/05(月) 07:32:32.79 ID:EHP4EF220.net

>>3,18
ああ、原文表記は御存知だったのね失礼

59 ::2020/10/05(月) 13:24:25.13 ID:GdfdHWXK0.net

ニーチェはいつもおれを励ましてくれる
どれだけ惨めでも、安易に諦めるなと。

68 ::2020/10/06(火) 00:46:59.80 ID:I+UXDP1W0.net

動物になりなさい
狼少年は素晴らしい人間でした

56 ::2020/10/05(月) 12:51:55.96 ID:XN3gaeCf0.net

言葉の限界が世界の限界だよ

それ以上、概念を共有できないんだから

52 ::2020/10/05(月) 12:29:26.80 ID:YHhF8vb10.net

>>45
普通に既存の因習の破壊だと思うけど
最後は哲学自体を破壊したじゃない

36 ::2020/10/05(月) 08:42:55.78 ID:MW2oy+ht0.net

>>35
一番面白いのは第二部だと思います

71 ::2020/10/06(火) 02:27:29.89 ID:O4FEXrcy0.net

言葉を持たぬまま16歳まで成長したカスパー・ハウザーの異常な知覚

・暗闇でも聖書を読めたり色彩を判別できる
・金属を握っただけで鉄や真鍮などその材質を見抜く
・遠く離れたクモの巣に獲物がかかっていることを言い当てる

これらの超能力は一般の食事や生活に順応するにつれ消失していった

61 ::2020/10/05(月) 13:28:32.06 ID:7BtDJjwX0.net

感情なんてそもそも価値無いだけの間違い

62 ::2020/10/05(月) 13:37:04.06 ID:pWTetQUI0.net

その感情を私的に命名すればいいだけのこと
全ての心象はそうやって命名してるだけのことじゃないか

3 ::2020/10/05(月) 07:01:37.84 ID:AgicuwMz0.net

日本語=超人
英語 =スーパーマン

陳腐極まりない。ドイツ語の真訳を誰か教えてください

人の上とかも陳腐だしな。所詮、一個人の脳内ワールドなど誰にもわからんね
お前たちよ! 目指すのだ! 超人を!
緑色のおっさんかよ…、ジーパン破けるわ!

53 ::2020/10/05(月) 12:31:49.61 ID:YHhF8vb10.net

>>3
超越した人
って表現は陳腐なのかね

44 ::2020/10/05(月) 09:32:56.95 ID:DhRGlCc10.net

>>31
本で読んだ言葉を偉そうに引用するだけの
どっちかっていうと哲学史家みたいなやつの方が多い印象

4 ::2020/10/05(月) 07:01:59.88 ID:Kmm7qlhA0.net

あーわかるわこれ。SSなんかをよく書いてるけど、外出中とか仕事中とかに面白そうな話を思いつくのよ
でも家に帰ってからそれを文章にしてみると、なんかイメージと違ったり面白く感じなかったり興味が失せたりする
不思議

49 ::2020/10/05(月) 11:49:50.27 ID:YCwtpvQY0.net

シュタゲのタイトルかとおもた

26 ::2020/10/05(月) 07:50:34.55 ID:T6F5UTrG0.net

ネタの面白さが伝わらないやつに説明していくと面白みが減衰していく

58 ::2020/10/05(月) 13:22:38.55 ID:GdfdHWXK0.net

学生時代からずっとニーチェが好きだ
なんだろうな
いや誠実なんやと思うよ
あと、ルサンチマンね

58 ::2020/10/05(月) 13:22:38.55 ID:GdfdHWXK0.net

学生時代からずっとニーチェが好きだ
なんだろうな
いや誠実なんやと思うよ
あと、ルサンチマンね

21 ::2020/10/05(月) 07:34:40.68 ID:zhbtSJ4s0.net

問題は、何処から来たかなのだと思う。

自身の過去の記憶に基づいた無意識の領域から来たものであれば、
記憶として視覚化したり、言語化して再体験理解を通してエネルギーは制御可能になる。
つまり、物質化を選ぶか、その前に捨てるか、修正するかの選択が可能になる。

それは、前世の記憶でも同じ可能性は高い。

問題は、霊能力者が行う、全く他人のエネルギーを移してしまうという事なのだと思う。
人類の意識は根底では繋がっているとはいえ、
特殊な霊力でもない限り、他人の過去の記憶は、意識化できない。
記憶が、自分自身にないからだ。前世の記憶もない。

つまり、それらのエネルギーは、物質化の制御が出来ず、選択できない。
それで、結局、背負わされるのはマイナスのエネルギーなので、
それらの物質化は、病のようなものになってしまったりするのだと思う。

肉体に、痛みや苦痛が起きると、普通の人は、「病気になった」と認識してしまうからだ。

それが、新興霊能力宗教に起きている、一つの、典型的な出来事なのだと思う。

でも、本来は、マイナスが生じれば、
宇宙は、速やかにプラスが流れ込み、平衡するものなのだと思う。
霊力で宇宙の流れを変えることなど無謀なのだと思う。

60 ::2020/10/05(月) 13:25:54.89 ID:iUM98vT30.net

>>56
人間の関与しない世界について考える哲学が少し前にあったけど、人間からしたら結局興味のない世界なのかもな
言葉でしか世界を捉えられないとしたら

24 ::2020/10/05(月) 07:46:30.72 ID:gpvcayvX0.net

寝る寸前に凄いアイデア思いついてメモしたけど
朝起きて見たらたいしたことなかったり
起きた瞬間はすごい面白い夢みたと思ったのに目が冴えてくると
そうでもなかったなってなるあれ?

31 ::2020/10/05(月) 08:16:01.40 ID:iXJ1b9UJ0.net

常識的な道徳観念や
長年疑問も持たれずに続いている慣習など
考えなくてもいいことを考えた末に
「私は新たな概念を獲得した」
「私は旧来の人類を超えたのだ」
と錯覚する夢遊病者のようなやつが
哲学の世界に多くいるのでは

と思う

5 ::2020/10/05(月) 07:05:00.11 ID:77TqSTd60.net

認識はする理解はしない!て奴だろ普通にあるじゃん

29 ::2020/10/05(月) 08:11:11.93 ID:MW2oy+ht0.net

哲学wwww

45 ::2020/10/05(月) 09:46:25.65 ID:ZBHyc7Wn0.net

>>31
常識的な道徳観念という概念そのものやその思考方法の構造そのものを発展させてきたのが哲学だろ
馬鹿か?

70 ::2020/10/06(火) 00:51:53.99 ID:r0IJsSkT0.net

>>3
お前がその言葉に対して陳腐なイメージを勝手に割り当ててるだけでは?

15 ::2020/10/05(月) 07:16:59.34 ID:1jrh9ZLG0.net

みんな悩んで大きくなった〜(大きいわぁ大物よぉ)おれもおまえも大物だぁ〜♪

54 ::2020/10/05(月) 12:35:25.40 ID:sTXn577S0.net

自分だけに見えてる世界は言葉に訳しようがないだろ

32 ::2020/10/05(月) 08:18:04.17 ID:SNCB097h0.net

>>3
どうしても95万パワー、とかそっちの方を連想してしまうな。

43 ::2020/10/05(月) 09:31:03.08 ID:ycuEg5NV0.net

元々大したことなかっただけだろ。

ニュー速カテゴリの最新記事